いざというときに役立つ!AEDは設置を広めることが大切

作業員

不要になった機械は査定へ

作業員

工場などで扱われる機械が不要になったときは、中古機械を扱う買取業者が買取ってくれる可能性があります。査定価格に納得できればそのまま引き取ってもらうことができ、依頼する側にも処分する手間が省けてとても便利です。大阪には中古機械を買取する業者が複数あるので、信頼できるところへ依頼するのが一番です。

もっと詳しく

粉体を粒度で選別

工事

振動篩機は食品や医薬品から建築現場の土砂まで、さまざまな粉体の篩分けに用いられる機械で、オプションにより特殊な用途にも使用できます。スクリーンの目詰まりに注意が必要で、メンテナンス性が重要になります。

もっと詳しく

設置数はまだまだ足りない

男の人

助かる命を救う

病院外において心臓突然死に陥る人の数は、年間6万人以上いるとされています。救急車を呼ぶことが一般的なのですが、到着までに10分近くかかる現在の状況では助かる命も助からなくなってしまうほど急を要するのです。しかしこれをすぐに処置できるようにするために設置が推奨されているのがAEDです。救命活動が誰でも速やかに行う事ができるメリットがあるのですが、病院外での心臓病の発作はいつどこで起こるかはわかりません。そのためどこでもAEDが身近にある存在である必要性があるのです。しかしその認知度は年々向上しているもんもの実際に使用されたケースは3パーセントにも満たないのです。絶対数がまだまだ不足している事も懸念材料なのです。

ガイドラインの認識

AED自体を見かけたことはあるが実際の使用方法がわからないなどのリスクも多数あります。AEDは設置するにもそれなりの費用が掛かります。数こそあれば大事な命を救うことができるきっかけになりますが、闇雲に数だけを増やすことが得策ではないのです。そのためより効率的にAEDを設置する戦略的な設置スケジュールが必要になるのです。効率的な設置とその使用方法の認知などを普及されることが最も大事なポイントになるのです。AEDの設置に関するガイドラインもあります。人が多いなどの場所や設置運営に望ましい場所などが明記されているほか、考慮すべきポイントなども記載されています。AEDを設置する事で助かる命の重要性を皆が認識しておく必要があるのです。

土もリサイクルする時代

工事現場

建設工事の際に掘り返された「建設発生土」は、強度が弱くそのままでは利用できない。強度を高めて再利用するためには、土質改良プラントを利用することが注目されている。土も限られた資源の一部である。リサイクルして再利用するということは非常に好ましいことなのである。

もっと詳しく